旧園舎の今

旧園舎の前を通ると少しずつ変化していて、寂しく思います。

f:id:baba_rumiko:20200328153833j:image

玄関のスタンドグラスが取り外されました。

当たり前だったものがなくなって、不思議な感じです。

 

f:id:baba_rumiko:20200328154024j:image

お庭にはいつものように、木蓮が開花して春が訪れていました。

f:id:baba_rumiko:20200328154131j:image

桜は、愛でる人も、子どもたちの歓声も消えた園庭でも、例年以上に枝を伸ばして、3分咲の開花でした。

今年は入園式や入園式を終えた子どもたちと記念撮影におさまることがない桜ですが、馬場幼稚園の留守番役を頑張ってくれているように見えました。

 

時間があったら桜見に出かけて見てください。

解体工事が始まったら見えなくなるかもしれません。

2019年度が終わりました。

 

今日は終業式でした。

 

f:id:baba_rumiko:20200324144208j:plain

今年度最後の礼拝をみんなで守りました。

f:id:baba_rumiko:20200324144250j:plain

お引越しするお友達とお別れをしました。

これからもずっとずっとお友達でいようと約束しました。

f:id:baba_rumiko:20200324144301j:plain

いっぱい遊んだ、先生ともお別れです。

 

「また運動会やクリスマス会に遊びに来てもいい?」と話す先生の目に涙が光っていました。

 

「たくさん遊んでくれてありがとうございました。」またいつか必ず戻ってきてくれると園長は信じて、しばらくのお別れをしようと思います。

 

 

旧園舎探検

f:id:baba_rumiko:20200324135518j:image

お天気が良い日に旧園舎でお仕事をしました。

f:id:baba_rumiko:20200324135540j:image

砂場の砂を運ぶ仕事です

 

f:id:baba_rumiko:20200324135620j:image

お仕事の後は懐かしいお庭で遊びました。

 

f:id:baba_rumiko:20200324135634j:image

 

f:id:baba_rumiko:20200324135720j:image

お仕事のおまけは、幼稚園の秘密の場所を探検することでした。幼稚園には先生以外は入ることが無かった秘密基地、子どもたちは恐る恐る、中に入っていました。

f:id:baba_rumiko:20200324135734j:image

 特別に秘密基地を探検する子どもたち、目がランランと輝いていました。

 

 

旧園舎はどうなっている

f:id:baba_rumiko:20200324134944j:image

旧園舎がどうなっているのか、バナナ号に乗って見に行きました。

f:id:baba_rumiko:20200324134958j:image

桜のつぼみが膨らんできました。

 

f:id:baba_rumiko:20200324135028j:image

卒園式をしたホールみんなの落書きが残っていました。

 

f:id:baba_rumiko:20200324135106j:image

ばら組の前のローカ、いつも満員でした。

 

f:id:baba_rumiko:20200324135122j:image

スプンやタオルを忘れて、取りに行ったり、給食を取りに行ったり、お母さんたちの作るカレーライスの匂いがした台所。

 

f:id:baba_rumiko:20200324135207j:image

絵を書いたり、工作をしたり、帰る前にノックをして挨拶をすると、先生たちの元気な声が聞こえたスタッフルーム。

f:id:baba_rumiko:20200324135037j:image

本がなくなってガランとしたノア文庫

 

幼稚園の中は、荷物が全てなくなっていましたが、思い出はたくさん残っていました。

 

私の宝物の幼稚園、かけがえのない時間を過ごすことができた幼稚園、共に過ごした子どもたち、すべてにありがとう。

保育環境を作るって難しい

引っ越しして1週間がたちました。幼稚園の子どもたちの動線も見えるようになり、クラスの活動に少し落ち着きが見えてきたように思います。

f:id:baba_rumiko:20200317143155j:plain

f:id:baba_rumiko:20200317142945j:plain

f:id:baba_rumiko:20200317142955j:plain

しかし、体操教室、馬場リズムなどをしてみると、なんだか思うように動くことができず「、先生たちと環境の見直しをしてみました。

f:id:baba_rumiko:20200317143040j:plain

f:id:baba_rumiko:20200317143054j:plain

保育室としては広いのですが、思いっきり走ろうとすると、カーブが急でうまく走れないようで、またまたロッカーを移動し、環境構成をし直しました。

 

今まで毎日環境構成をして、保育を作り出してきましたが、園舎に受け継がれたものがあり、それが土台になっているという見直しだったように思います。

 

仮園舎は1から作り出していくために、子どもの動きを読みながら、必要に応じて変化させる柔軟さが必要なようです。しばらく先生たちの幼稚園づくりの試行錯誤が続きそうです。

 

幼稚園は雪景色

お引越しして少しずつ幼稚園に慣れてきましたが、お天気の変化に驚かされる毎日です。

晴渡ったポカポカ陽気に、子どもたちは外遊びを満喫していました。

遊具がなくっても、遊び名人の子どもたちは次々と好きな遊びを展開していました。

木登り、芝転がり、サッカー、虫探し、今のブームです。

f:id:baba_rumiko:20200316182252j:plain

つくしを見つけたり、梅の開花に春が来たと思っていたら、今日は何と冬に逆戻りでした。

f:id:baba_rumiko:20200316182313j:plain

f:id:baba_rumiko:20200316182342j:plain

f:id:baba_rumiko:20200316182356j:plain

f:id:baba_rumiko:20200316182409j:plain

雪遊びの準備をしていなかった子どもたちは、寒さに震えて、早々とお部屋に入りましたが、防寒の準備がある子は雪ダルマを作ったり、雪合戦をしたり、吹雪の中を楽しんでいました。

f:id:baba_rumiko:20200316182422j:plain

f:id:baba_rumiko:20200316182432j:plain

f:id:baba_rumiko:20200317135914j:plain


子どもたちはどんなお天気も大喜びで遊んでいます。

仮園舎は自然の恵みを身近に感ずることができます。