竹鉄砲作り

今回は竹藪の竹を切って、竹鉄砲作りをゆり組(年長組)が行いました。

保護者の有志の方がお手伝いで参加してくれました。

 

 

思いっきり枝落とし

 

枝を落とした竹をみんなで運びます
のこぎりで竹を切り始めますが、なかなか思うように のこぎりが動いてくれず四苦八苦です

「竹 切れたよ!」

 

水を入れて、はっしゃ!
お父さん・お母さんと対決

梅雨の合間に一足早い夏を体験しました。子どもたちが自分たちで考えて、やってみたいを大切に大人たちが手出し、口出しを極力控えて竹の水鉄砲づくりを行うことができました。

 木の棒で竹の枝の根元をたたいて枝を落とした時の大満足、のこぎりで竹を切るときの緊張感、水鉄砲から水が勢いよく出てきた時の感動を子どもたち一人ひとりが体いっぱいで感じていました。

 

 

おまけ

今年はマダニ・毛虫が多いと聞いていましたが、活動をしようと思ったら、なんとインストラクターのキーさんの洋服にマダニがついていました。キーさんのマダニ取りグッズで手で触らずに取ることができましたが、洋服にはマダニの針が残っていました。洋服だから被害はありません。

森のようちえんはなぜ長袖長ズボン、長靴がいいのか、タイムリーに考える機会となりました。

マダニが!

マダニは、吸血する場所を決めると、皮膚に咬みつきながらセメント物質を出して固着するそうです。吸血中のマダニを発見したら、つい取り除きたくなりますが、絶対に自分で取ろうとせずに、医療機関で除去してもらうことが大切です。無理に引きはがそうとすると、セメント物質で固着した口の部分が、体内に残ってしまうことがあるので、危険です。また、吸血しているマダニをつまんだり、つぶしたりするのも厳禁です。マダニの体液の中の病原体が体内に逆流し、感染症を引き起こす可能性があるからです。

マダニがいそうな場所へ行く時は、帽子、長袖長ズボンを装着して肌の露出を控え、ズボンの裾から侵入することも多いので、靴下や長靴を履いて侵入を防ぎ、着ていた服にマダニがついていないか入念にチェックする必要があります。

自然の中には恵みや楽しみがいっぱいですが、いろいろな危険もあることを忘れないで森のようちえんを楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

omake

6月生まれの誕生会

6月生まれのケーキパーティーをする前に、Y君の好きなノア文庫でお祝いの会をしました。

 

キッチンの先生が作ってくれた特別おやつをいただきました。

 

二階のホールで誕生会

 

6月生まれのお友だちがケーキを飾ってハッピーバースデー

 

みんな一つ大きくなって嬉しそう

 

ろうそくを吹き消しハッピーバースデー


これからも神さまに守られて大きくなりますに。

 

 

 

 

職人業!

園庭の築山を子どもたちが手で削って、少しずつ崩れてきています。

 

最近、コテをかけるのを楽しんでいる子どもたちが集まって築山の修理を始めました。

築山の崩れた所を土で埋めています。

職人のような手つきで修理をしています

 

コテの扱いも上手になりました。

 

修理完了で大満足してる子ども

 

夏休みに業者に修理をお願いしようと思っていたら、子ども職人が直してくれました。。雨が降らなかったらしばらく持つかもと思って喜んでいる園長です。





アスレバルの放映

アスレバル石川2022の放映がありました。

ファミリーのゆり組さんがスタッフルールにやってきました。

 

いよいよ始まりです。

テレビの画面を見ながら、歌もダンスもちょっと遠慮がちに一緒に楽しんでいました。

時々馬場のTシャツが映ると、みんな大歓声でした。

当日解説を担当していた、M先生が馬場が映るかもと言っていた「動物村の大運動会」が始まると

自分のお面をつけてなりきっている子どもたちと、オオカミになりきっている先生達がアップで映されました。

 

「わーぁ!映った!」大人も子どもも見ているみんな大興奮でした。

確かに馬場らしさが映っていました。

 

パラバルーンは近くて見ているより、画面で見ると素晴らしいです。

長い間参加している園長ですが、まだこの美しさを生で見たことがありません。テレビの画面で花が咲いたようなパラバルーンを見ることが出来ました。

 

最後に恒例の風船を飛ばしました。

毎回アルバム用に良いアングルでカメラを構えていましたが、子どもの様子を捉えるのに必死で、空に飛んでいる風船を全く撮せませんでした。

 

風船の数が少ない上に風が吹いているので、ハサミできるタイミングが早すぎて、シャッターを切る前に風船は飛んでいってしまいました。

テレビにも風船の飛ぶ様子がなく、テレビ局のプロもカット!しているなら、仕方ないか!と自分を励ましていました。

 

放映が終わると、私の友人、卒業生のお母さん、から電話やメールがありました。テレビ効果ってすごい!と思いました。そして、卒園した保護者とのネットワークの強さにも感動しました。

いろんな形のケーキ

ゆり組(年長組)の子どもたちが今熱中しているのがケーキ作りです。型抜きをしたり、花びらや木の実を飾ったり、様々な道具を使って作っています。

今回はグループで話し合ってケーキを作りことにしました。

直ぐに取り掛かるグループもありましたが、なかなか話がまとまらず険悪なムードのグループもありました。

 

このグループはバケツに入れた土をひっくり返し型を取り、上に泥団子を押せたり、木の枝や葉っぱを飾ったりして作りました。

 

このグループは細めの筒で形を取ってケーキにしましたが、型を抜いてみると土のあちこちが穴だらけなので、ドロドロの土をクリームに見立てて、へらを使って周りに塗り付けていました。

 

このグループはチームワークよく、輪っかに山盛り土を詰め込みましたが、型を抜こうとしたら,びくともしないので四苦八苦していました。たたいたり、輪っかの周りをかきだしたり、最後は裏返しにしてシャベルで土をかきだし、崩れなかった部分に飾りをつけて仕上げました。

 

このグループは新しい試みで大きな輪っかの中に細い輪っかを入れて、その間に土を詰めると特大のドーナツが出来上がりました。初めての出来栄えにみんな満足気でした。

 

グループで作ったいろんなケーキが砂場に残っていました。

小さいクラスの子が壊さないように、先生にお願いに行きました。砂遊びに挑戦する年長組さんに感化され、小さな子どもたちも砂遊びに熱中、あちこちで遊び込んでいる姿が見られます。

 

Sちゃんの挑戦

Sちゃんが(年少組)園庭で泥水を茶碗ですくってペットボトルに入れていました。何回も何回も繰り返す姿に惹かれてしばらく見ていました。

 

泥水がいっぱいになると

 

竹の上に流しました。Sちゃんは流れる様子より、ペットボトルの泥水が気になっているようで、流した後、ペットボトルの底に残った土を眺めていました。

 

次に二つの竹の坂に泥水を交互に流し

 

ペットボトルが空になると、また泥水をペットボトルに入れ、流すを繰り返しました。

 

泥水は竹から二方向から流れました。

 

泥水が地面の水路を流れているのを見て

「こんなんに流れてる!」と

Sちゃんが水路をゆっくり歩き始めました。

 

「私のさっきの水!」

泥水が流れている道を歩きながら、Sちゃんが

つぶやきました。

歩いていたSちゃんの足がドンドンはやくなりました。

 

水のたまっところに来ると、思いっきりバシャンと泥水を跳ね上げ、満足そうな笑顔を見せてくれました。

 

やりたいことを見つけ、納得するまで遊び込んでいるSちゃんの今を大事にしたいと思います。