よもぎ団子づくり

森の幼稚園で摘んできたよもぎで、すみれ組はよもぎ団子づくりに挑戦しました。

作る前にしっかり手を洗い、消毒をしてコロナ対策をしっかりしました。

f:id:baba_rumiko:20200605142620j:plain

 

f:id:baba_rumiko:20200605142639j:plain

f:id:baba_rumiko:20200605142751j:plain

よくこねて

f:id:baba_rumiko:20200605142816j:plain

できあがり

f:id:baba_rumiko:20200605142828j:plain

小さく丸めて

 

f:id:baba_rumiko:20200605142845j:plain

 

f:id:baba_rumiko:20200605144553j:plain

今回はお湯で茹でて出来上がり!

f:id:baba_rumiko:20200605144748j:plain

 

f:id:baba_rumiko:20200605144817j:plain

出来上がったよもぎ団子を、小さなお友だちにも分けてあげました。

 

集めたよもぎで美味しいお団子ができたので、みんな大満足でした。

 

みんなで作ったこいのぼり

コロナウイルス感染防止で家庭保育をして頂いた子どもたちのために、こいのぼり製作の素材を家庭にお届けし、お家で作ってもらいました。

登園開始になり、お家で作った作品を集めて大きな鯉のぼりにしてお部屋にかざっていましたが、外で泳がすことにしました。

f:id:baba_rumiko:20200605123942j:plain

 

f:id:baba_rumiko:20200605124020j:plain

一人ひとりが作ったこいのぼりを貼り合わせた

大きな鯉のぼり

 

f:id:baba_rumiko:20200605123508j:plain

すみれ組は編み込みのこいのぼりを作り、貼り合わせました。

 

f:id:baba_rumiko:20200605123551j:plain

ゆり組は二枚重ねのうろこを貼ったこいのぼり

 

f:id:baba_rumiko:20200605123619j:plain

気持ちのいい風にこいのぼりが泳ぎ始めました。

 

f:id:baba_rumiko:20200605123634j:plain

f:id:baba_rumiko:20200605123658j:plain

f:id:baba_rumiko:20200605123736j:plain

一人ひとりのこいのぼりが集まって、大きなこいのぼりになったように、子どもたちもお友だちと力を合わせると、いろんなことができる大きな力になることを、これから体験できたらいいなぁと願っています。

すみれさんも歩いたよ

ゆり組さんが歩いた道をすみれさんも歩いてみることにしましたが、湿度が高く暑いために、どれだけ歩けるかは子どもたちを見て決めることにしました。

f:id:baba_rumiko:20200604182220j:plain

さぁ出発❗️

 

f:id:baba_rumiko:20200604182233j:plain

急な階段も自分で

 

f:id:baba_rumiko:20200604182251j:plain

よもぎ団子のためのよもぎ摘み

 

f:id:baba_rumiko:20200604182304j:plain

急な坂道はロープを使って

 

f:id:baba_rumiko:20200604182550j:plain

バランスをとって立ち登り

 

f:id:baba_rumiko:20200604182619j:plain

降りる時にはお尻を使って滑り台風に

 

f:id:baba_rumiko:20200604182321j:plain

ばら組のお友だちを支えるお姉さん

 

f:id:baba_rumiko:20200604182430j:plain

お花畑で綿毛飛ばし

 

f:id:baba_rumiko:20200604182508j:plain

f:id:baba_rumiko:20200604182519j:plain

帰り道は急坂道

 

しっかり後ろに重心をかけて歩いていました。

 

途中で合流した、ばら組もすみれさんに助けてもらいながら、歩きました。ばら組もすみれさんに憧れ良く歩きました。

自分の体をコントロールできるように少しずつ、遊び込んでいきたいと思います。

 

ゆり組の森の幼稚園

ゆり組の森の幼稚園は仮園舎から、夕日寺自然公園までを目標に、自然の中でたっぷり遊んでいこうと思います。

第一回目の今日は子どもたちの様子を見ながら、きいさん、あっちゃんと歩こうと思いましたが、市役所から、東山に熊が出たと連絡があり、園長は情報収集に大わらわでした。

f:id:baba_rumiko:20200603154349j:plain

森に入る前にアイスブレークをして、身体を動かし、山の中での約束の確認をしました。

f:id:baba_rumiko:20200603154554j:plain

蜂が来たら動かない。石!

f:id:baba_rumiko:20200603154607j:plain

熊が来たら顔を隠してあとずさり。リアルタイムの熊出没もあるので真剣そのもの

森の中では匂いを感ずるグループと色のことを考えるグループの2つに分かれて、歩くことにしました。

 

f:id:baba_rumiko:20200603154701j:plain

ドクダミの匂いを嗅ぎました。大人はその匂いを知っていますから、躊躇してしまいますが、子どもたちはいろんな匂いに挑戦しています。

f:id:baba_rumiko:20200603154721j:plain

マーガレットも・・・・。

f:id:baba_rumiko:20200603154805j:plain

この花も・・・・。

f:id:baba_rumiko:20200603154818j:plain

やっぱりですね。

f:id:baba_rumiko:20200603154744j:plain

色のグループはお花畑を満喫して、いろいろなお花で絵を描いていました。

 

f:id:baba_rumiko:20200603154833j:plain

登ったところは自然の楽園でした。ロープ一本で遊びがいろいろ展開していました。

 

f:id:baba_rumiko:20200603154844j:plain

ハンモックで森林浴のはずが、子どもたちはブランコ代わりでグラグラしてしまいました。

今度また遊びに来ることを約束して、山を下りました。

今日歩いたのは、目標の3分の1でしたが、よく歩きました。

年長組らしく見えた子どもと一緒に歩けた園長の万歩計は8976歩、まだまだ歩けると自画自賛で更なるトライを楽しみにしています。



 

 

畑の草むしり

BABAファームに植えたサツマイモの苗が元気に育っていますが、雑草も伸びて大変なので、ゆり組が草むしりに出かけました。

例年畑実行委員のお母さんに手伝ってもらっていましたが、今年は組織を作ることができず、その都度、手伝ってくれる方を募集をすることにしました。

今回は急でしたが、三名の方が手伝いに来てくれました。

f:id:baba_rumiko:20200603144407j:plain

サツマイモの苗と雑草がわからなくなっていました。

 

f:id:baba_rumiko:20200603144433j:plain

子どもたちは集中して雑草を抜いていました。

 

f:id:baba_rumiko:20200603144617j:plain

みんなの頑張りできれいになったので、

f:id:baba_rumiko:20200603144724j:plain

f:id:baba_rumiko:20200603145041j:plain

渇いている苗に水をやりました。

おまけ

f:id:baba_rumiko:20200603144821j:plain

f:id:baba_rumiko:20200603144847j:plain

さやえんどうを収穫

f:id:baba_rumiko:20200603144902j:plain

f:id:baba_rumiko:20200603144918j:plain

南アフリカ原産の「アイスプラント」を収穫して食べましたが、気温が高かったのもあり、みずみずしく子どもたちには好評でした。

 

f:id:baba_rumiko:20200603145428j:plain

お仕事の後、北部公園でお母さんたちと一緒に遊びました。

f:id:baba_rumiko:20200603145523j:plain

f:id:baba_rumiko:20200603145542j:plain

 

f:id:baba_rumiko:20200603145620j:plain

f:id:baba_rumiko:20200603145712j:plain

f:id:baba_rumiko:20200603145638j:plain

北部公園ではおにごっこをしたり、パラバル−ンをして遊びました。

久しぶりに子どもたちとたっぷり身体を動かして、お母さんたちも楽しそうでした。

問題解決に四苦八苦しています。

保護者に送迎のご協力をお願いして短縮保育をしてきましたが、6月1日より仮園舎での通常保育が始まります。

 

仮園舎はもともと短期大学の校舎なので、幼稚園が使うためにいろいろ改善し、安全のために、工夫が必要です。

いままでは少人数での保育でしたが、大人数の子どもたちの動線を考えて、ロッカーの移動をしたり、物の配置を見直したりしました。

 

玄関が階段なので、ドライブスルーでの、お迎えにも一工夫が必要でした。

送迎の車が階段に近寄りすぎて、階段でホイルをこすりそうになって、危険なので白線を引きました。

f:id:baba_rumiko:20200530133339j:plain

これならぶつかることがないと一安心していたら・・・。

 

f:id:baba_rumiko:20200530133503j:plain

子どもたちが白線を踏んで、車のシートを汚していました。

 

f:id:baba_rumiko:20200530133612j:plain

先生が子どもを抱っこして乗せるのも限界で・・・。

考え方を変えて

 

f:id:baba_rumiko:20200530134349j:plain
車を真ん中に誘導するために、先生が立っていればいいんだ。

 

f:id:baba_rumiko:20200530133721j:plain

シートベルトをつけるために混雑していたので、二車線でシートベルト着用コースと、帰宅コースに誘導することで、混雑を解消することができました。

 

f:id:baba_rumiko:20200530134108j:plain

階段の上で待つ子どもたちには、待つスペースを作りました。たんぽぽ組さんは大好きな汽車に座っているので安全になりました。

 

今まで、ドライブスルーでお迎えの時には幼稚園の方に寄せて停車するようにお願いしていたため、当たり前のように、階段に寄せてもらっていました。

 

ちょっと頭をひねると、なんでこんなことしているのと思う事がありますが、頭を柔らかくして、子どもたちの安全のために、その時々で必要な手立て考えていこうと思います

(ちょっと失敗をしながら・・・。)

 

それにしても、車汚してしまってごめんなさい!「バナナ号も真っ白や」と熊野さんに言われました。

ありがとう、さようなら!

知咲先生が退職することになって、お別れ会をしました。

f:id:baba_rumiko:20200527172925j:plain

去年お世話になったばらさんが代表してお花をプレゼントしました。

f:id:baba_rumiko:20200527173052j:plain

f:id:baba_rumiko:20200527173108j:plain

また遊びに来てくれることを約束してさようならをしました。

f:id:baba_rumiko:20200527173249j:plain

f:id:baba_rumiko:20200527173220j:plain

ハイタッチはできませんが、一人ひとりとさようならをしました。

 

知咲先生ありがとう、さようなら!