神様、魔法がとかれませんように。

イメージ 1

イメージ 2

「神様、魔法がとかれませんように。」

今日は年長組の参観日でした。
今までのような「お母さん見る人,僕見られる人』と言う形態から
子どもも大人も、みんな同じ立場で向き合って遊んで見ようと思いました。

しかし,前日からの大雨!
「なんで行事の度にこんなお天気なの」と恨めしくなりました。
でも、お母さん達が集まったころには段々お天気が回復してきました。

意外や意外、(失礼!)
お母さん達はお庭に出て裸足で子どもたちと泥んこ遊び!水路づくり。

ゆり組のお部屋では、マトあて用の割り箸ピストル作り、
ホールでは、円形ドッチ、ままごと・・・。

どこから「年長組のお母さん達がどろんこしているのって不思議な感じ!」
と囁く先生達の声が聞こえました。

「たしかに!」

でもよく見ると、お母さん達は「幼稚園生活も後1年!」と思い出づくりの
カウントダウンをしているようにおもいました。
それなら、明日の森の幼稚園を解禁にしようと考え「自由参加受け付け!」の手紙をだしました。

明日は文句無しの快晴、子どもたちと400年の森まで
3時間かけて往復してみようと思います。


しかしそう言う私も、家に帰り仕事から切り替えると
「どうしょう!往復なんて,頑張り過ぎてしまったよ~。」と弱気になりました。

子ども達に見栄を張って、「元気印の園長」
シンデレラのように魔法がとけてしまわない様に明日のために、体力充電しなくっちゃ~。
規則正しい生活が大事。
「さぁ、早寝しよ~っと」

若いお母さん達!
明日、頑張って~。